DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
本日のトピックです。


日本経済新聞より見出しとポイントチェックをお送りします。

【2月27日の夕刊】
■新型万能細胞、応用研究が全国に拡大
□Scientists Seek To Create Blood, Corneas, Nerves From iPS Cells

細胞:cell(s)
新型万能細胞iPSは京都大学教授が人の皮膚から作製したもので、
横浜市立大学・東北大学などで応用研究が進んでいます。

英語見出しにあるように、血液(blood)・角膜(conrnea)・神経(nerve)
などへの研究拡大が見込まれているそうです。

記事にはパーキンソン病患者治療に役立てる研究もはじまるとあります。
まだまだ未知の部分が多く、かつ介護等に多大な労力を伴っているこの病、
改善の特効薬となればまたとないニュースとなるのではないでしょうか。


【2月28日の朝刊】
■空港外資規制見送り・政府、今国会は法案に盛らず
□Govt Shelves Plan To Limit Foreign Stakes In Airports For Now

政府:Govt:Government
空港への外資参入規制を見送るという内容。
For Now のあたりに「とりあえず今は無理!」という状況が
伺えますね。

安全保障上、避けては通れない問題ですが
与野党の対立が激しく、遅々として審議が進まない印象の
今国会では見送らざるを得ないという状況のようです。


■監視委、業務禁止迅速に・悪質金融取引、投資家保護を徹底
□Securities Watchdog To Seek Power To Obtain Court Injunctions

差し止め命令:injunction
日本人は資産をただ「溜め込む」傾向が強かったり
悪質な事があっても「泣き寝入り」傾向が強いという印象があります。

最近はそれではいけない!と投資の勉強をはじめたり
法を学んで自衛したり(法律関係のテレビ番組が高視聴率だったり)と
情勢は変りつつあります。

この記事はそれらの姿勢を後押しするものとなるのでしょうか。
スポンサーサイト
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
本日のトピックです。


日本経済新聞より見出しとポイントチェックをお送りします。


【2月26日の夕刊】
■社員のメタボ健診充実、NEC・トヨタなど
□Firms Get Serious About Preventing Metabolic Syndrome Among Workers

メタボリックシンドローム、いわゆるメタボという言葉が定着してから
ずいぶん経ちました。

健康というのは人間が幸せに生活していく上で大きな要素ですが
飽食にそれが犯されつつあるのも事実です。

今回の記事は国の医療制度改革により、4月から40歳以上の社員に
特定健診が義務付けられる事に対応したものです。

健診でチェックするというよりも、健康的な生活をして
メタボを未然に防げるよう、まずは労働時間を改革すべきではと
思うのですがいかがでしょうか。


【2月27日の朝刊】
■摘発強化、他省庁と連携・公取委、不公正取引を取り締まり
□FTC To Team With METI, Others To Smoke Out Unfair Practices

FTC:The Fair Trade Commission:公正取引委員会
縦割り行政の弊害により、取り締まりが甘かったガソリン等の不当廉売
に対し、監視の目を強めるという記事です。

携帯電話の廉売もほとんどの会社でなくなったようです。
パワーバランスが是正される一方、オトクなものも減っていくようで
一消費者としては複雑な気分です。
(勿論不当なものはいけないのですが)


■トヨタレクサス、国内生産能力35%増・09年、新興国富裕層に照準
□Toyota To Raise Domestic Lexus Output Capacity By 35%

値上げの嵐のなかでもトヨタの高級車「レクサス」の販売は
順調なようです。

新興国富裕層が求めているということですが、
彼らのバイイングパワーが増すにつれ
パワーバランスも変ってくるのでしょうか。

数日前の記事ではアジアの販売台数が日本での販売台数を抜いたとか。
時代の流れを感じる記事です。

capacity:能力・容量
生産能力を高める時などに使う頻出用語です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
本日のトピックです。


日本経済新聞より見出しとポイントチェックをお送りします。


【2月25日の夕刊】
■売買単位に満たぬ株式、上場企業が買い取り急ぐ・電子化にらみ
□Shift To Paperless Stock Spurs Firms To Buy 'Below-Unit' Shares

売買単位に満たない:Below-Unit
そのままですね。ハイフンでつなぐことによってわかりやすく
修飾語を作ることができるのは英語の特徴の一つです。

いよいよ株式の電子化が来年に迫ってきました。
昨今増えている合併等により、売買単位に満たない株式は増加傾向。
電子化後は会社が管理費を負担しなくてはならないという事で
その前に買い取ってしまえ!という動きです。

手数料が無料の所もあるそうです。


【2月26日の朝刊】
■シャープ・大和ハウス・大日本印刷、住宅用蓄電池で提携
□Sharp, Others To Make Storage Battery For Home Solar Systems

今までの太陽熱による自家発電のデメリットの一つは
「溜めておけない」という事でした。
普通の会社員だと、電気が発生する昼間の時間帯には
あまり電気を使用しないですよね。

このデメリットを解消するための異業種提携です。
英語見出しではシャープ以外の会社名が省略されていて
誰が主導権を握っているのかがうかがえますね。


■ソニー、シャープと液晶パネル共同生産
□Sony, Sharp To Jointly Produce LCD Panels At Sakai Plant

またまたシャープ関連の記事です。
最近とても目につくので、もしかしたらと思ったら
やっぱり株価は上昇傾向のようです↓
http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?scode=6753

生産拠点は堺市なのだな、ということが英語見出しを読むとわかります。
DVD戦争勝ち組のソニーとの提携。
どれだけ勢力を拡大するのか気になります。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
本日のトピックです。

日本経済新聞より見出しとポイントチェックをお送りします。


【25日朝刊】
■中国輸出額、WTO加盟6年で5倍・07年、米国抜き2位
□China's Exports Up 5-Fold In 6 Years Since Joining WTO

5倍:5-fold
とても基本的ではありますが、ハイフンで区切られた場合、単数形になります。
TOEIC頻出用法なので、今一度ご確認ください。

しかし、中国が輸出額でアメリカを抜いたというこの報道、
私は結構驚かされました。
ちなみに首位の国はどちらかわかりましたか。

ドイツだそうです。
ソーセージにビールなんてのが浮かんでしまいますが。
そういえば先日の皇太子様のお誕生日で
愛子さまが遊ばれていたおもちゃもドイツ製でしたね。


■三菱重工、「H2A」商業衛星初受注へ・米韓企業と交渉
□M'bishi Heavy Eyes 1st Commercial Satellite Launches Using H-IIA

三菱重工の英語表現、すごい訳し方だと感じたのは私だけではないはず。
商業衛星。やはり夢が広がりますね。


前日夕刊に代えて、他紙朝刊トピックをお伝えします。
【読売新聞 25日朝刊】
■三浦元社長逮捕、FBIが「新証拠ある」
□FBI claims fresh leads in Miura case

突然の三浦元被告の名前、驚かれた方も多かったのではないでしょうか。
新証拠がどんなものなのか、気になりますね。

同新聞の中にはこんな見出しもありました。

Double jeopardy ban doesn't cross borders

以前はやった映画「ダブルジョパディー」
(人は同じ罪で2度裁かれない事を利用し、
冤罪で裁かれた女性が出所後殺人を犯すという作品)
を思い出しました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
本日のトピックです。


日本経済新聞より見出しとポイントチェックをお送りします。


【2月24日の朝刊】
■日本車、アジア販売が国内抜く・08年8社見通し、500万台突破
□'08 Japanese Auto Sales In Asia To Top Domestic Figure 1st Time

ついにその日が・・・という記事です。
いわゆるBRICSに該当するアジアの国、中国とインドの躍進を主因として
国内販売数をアジア販売数がはじめて抜いたとのことです。
「姿」などを意味する”Figure"ですが、「数量」という意味で使われることもあるので
意識してみてください。

■株式オプション、大証が米取引所と新市場
□OSE, U.S. Exchange ISE To Jointly Open Japan Option Market In '09

ISEはInternational securities Exchangeの略称です。
大阪証券取引所と新市場を共同開設することにより
資産運用の選択肢の拡大が望まれるそうです。

実は私は資産運用はまだまだ勉強中。
この記事の中にはNYとシカゴが東京証券取引所と
新市場の共同開設を打診をしていたとか。

かなり規模の大きいものになりそうだということは想像がつくのですが
どのような影響が起こりうるのか、これを機に勉強しなくては、などと思っています。

本日はこれまでです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:未分類
本日のトピックです。

日本経済新聞より見出しとポイントチェックをお送りします。

【2月22日の夕刊】
かんぽ生命と日生が提携、共同で商品開発
Japan Post, Nippon Life To Ally On Policy Development, Sales

かんぽ生命:Japan Post
この訳語はかんぽ生命がどのようにできたのか(郵政公社の民営化)が浮かばないと
結びつきにくい訳語ではないでしょうか。
民営保険業界ではまだまだ新参とはいえふる~い体質のかんぽ生命。
古参のニッセイとの提携がどのような結果を生むのでしょうか。

【2月23日の朝刊】

ソニー、シャープから液晶パネル調達
Sony To Procure LCD Panels From Sharp, Rely Less On Samsung

日本語見出しでは何気なく「サムソン電子」の名前が省略されていますね。
韓国から世界へ拡大しつつあるこの企業、日本の脅威の一つではありますよね。

日米中で定期対話・中国が打診、首脳級も想定
China Proposes Regular 3-Way Talks With Japan, U.S.

3ヶ国の対話が「3-Way Talks」と表現されています。
英語での表現を見ると、中国から始動している話だという事が感じられますね。

本日のメールマガジンはこれまでです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ご意見ご要望をお寄せください。

テーマ : マスコミ - ジャンル : 政治・経済

| BLOG TOP |

copyright © ちょっとだけ日経英字新聞 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。