DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:未分類
本日のトピックです。


日本経済新聞より見出しとポイントチェックをお送りします。


【3月3日の朝刊】
■Japan Optical Disc Firms Pare Ops Amid Stiff Price Competition
□国内勢、光ディスク事業縮小・アジア企業、安値攻勢

optical:光学(上)の
DVD戦争がひと段落しましたが、日本発の技術である光学ディスク生産は
海外拠点に流出しつつあるという記事です。

そもそもDVDは日本初の技術でありながら、
中国他のアジア企業の安売り攻勢より
機器および記憶媒体、共に自社生産から撤退及び縮小傾向が続いているそうです。

今までは次世代DVD規格を争う戦いにより
少なからず買い控え傾向もあったと思われます。
やっと決着がついたと思ったら、生産が海外に流出してしまう。

なんとも複雑な気分にさせられる記事です。


■Former Ernst & Young Japan CPA Under Insider Trading Investigation
□元新日本監査法人の会計士、インサイダーの疑い

CPA:certified public accountant:公認会計士
イギリス英語ではchartered accountantと表現されます。

業界最王手「新日本監査法人」に所属していた会計士が
担当する複数(夕刊記事では2社)企業の情報を元に株式を売り抜け
利益を得ようとした疑いがあるそうです。

英語見出しでは新日本監査法人:Ernst & Young Japanとなっています。
どういうことかを調べてみたら
アーンスト・アンド・ヤング・グローバル(EYG)に
常任理事国として加盟しているということです。

↓新日本監査法人の法人概要です↓
http://www.shinnihon.or.jp/corporate/profile.html
(先ほどトップページにアクセスしたところお詫びが掲載されていました)

5000人以上の人員と5000社以上の被監査会社を抱える組織の
大スキャンダルがどのように動くのか、興味のあるところです。


昨日夕刊はお休みでしたので、日経新聞よりもう一つトピックをお送りします。

【3月3日の朝刊】
■M'bishi Electric To Exit Cell Phone Handset Business
□三菱電、携帯から撤退・国内電機、事業選別を加速

exit:出口:撤退
「生き残りのための選択と集中」と良く言われますが
大手家電メーカーでもそれは例外ではないようです。

トップニュースのDVD生産といい、
日本企業を取り巻く環境はまだまだ厳しいのかなと感じさせます。

cell phone handset(電話送受信器):携帯電話
と表現されています。
先日の記事でcellは「細胞」を意味しました。
違いを感じてみても面白いと思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © ちょっとだけ日経英字新聞 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。